基本的な依頼料金の設定の解説


基本的な依頼料金設定

興信所の依頼料金設定は、それぞれの興信所によって違うシステムをとっています。
・ 基本料金+成功報酬+実費経費(車両代・証拠取得費・機材使用料・報告書作成料など) 基本型

・ 全ての基本的な調査に必要な料金の入った時間制パック料金 パック型
・ 失敗すれば調査料金がかからないが、少し設定の高い 完全成功報酬型
基本型は、昔からある「興信所で多く使われている料金設定」ですが、見積もりには、基本料金と調査成功の時に支払う成功報酬が設定されているだけなので初見安く感じます。調査終了後に調査でかかった実費経費が請求されるので、高くつくと感じる傾向にある。
パック型は、調査時間をパック設定にし、経費や実費分などを含めた金額で料金設定されている。基本型と金額だけを比較すると高く感じるが、結果的に安くつくことが多い。
完全成功報酬型は、事前に取り決めた調査結果にならなければ全ての料金がかからなくなる設定。本来調査力がなければできない依頼料金の設定ですが、多くの依頼者が好む設定なので、悪徳な業者があいまいな設定で調査を請け負ったり、名前だけ同じで、中身は別モノ設定で問題になることがあります。